筋トレ投資家

筋トレ好きの経理マンのバリュー投資メモ

未分類

連結会計の勉強方法について。

公認会計士試験を受けることになり、連結会計について理解を深めている。

 

非常に難解な部分もあれば、簡単な部分もある。

 

ここ一週間で詰め込んだので、適当に連結について語ろうと思う。

ただ、書きなぐって頭を整理したいだけなので、内容はあまり考えていません。

 

本質をよく考えることが大事

問題を解く時、親会社の株式と子会社の資本を相殺消去しますよね。

なぜ、この仕訳をするのかなんて考えたことはありますか?

 

受験生の方ならそこまで考えるのは無駄足かもしれないと思います。

私も、正解は正直わかりません。

 

機械的に解いて他の論点に時間を割く方が良いとい意見はごもっともだと思います。

だけど、1つ1つ理解することによって絶対に忘れない長期記憶になると個人的に思っています。

なので、なぜ投資と資本の相殺消去をするのかなんて深く考えることに意味があると思っています。

 

理解って難しい

問題を解いたり、授業を聞たり、色々な勉強方法が有るかと思います。

 

理解をするのが大事って言われているけど、理解の定義って非常に曖昧で難しいものです。

自分が理解しているか確認するために何をすればよいのか分からないっていうのが私自身も悩みです。

 

簿記を知らない人に説明できるかテストっていうのを私はやっていてこれが非常に良いんですよね。

難しい会計用語を使わずに説明しようと思ったら腑に落ちていないと簡単な言葉に置き換えれません。

これは、是非やってみてほしいと思います。

 

自分自身の勉強スケジュール(CPA)

というわけで、最後は一番やりたかったスケジュールの組み立て。

授業は一通り解いたので、問題を解いてアウトプットを中心に。

 

理論の短答対策問題集1 問題100問程

計算の短答問題集2 問題6問

 

下記3点は時間がかかるが、インプットしていきます。

包括利益

税効果会計

持分法

 

 

 

-未分類