筋トレ投資家

筋トレ好きの経理マンのバリュー投資メモ

簿記1級メモ

外貨建取引

海外と取引をする場合、「円」ではなく「ユーロ」や「ドル」等の外国通貨を使用することになる。

国内取引であれば、領収書に110円と書いており、仕訳で110円と起票すれば良いですが、1ドルと書かれていた場合、どのように仕訳を起こしますか?

基本はTTMで換算するので、下記の仕訳のようになります。

1*107.95=108

仕入 108 / 買掛金 108

※円換算は資産や負債に対して行う。上記の仕訳の場合、円換算対象は買掛金。貸借対照表に表示される資産・負債が円換算されると覚えておけばok。

 

 

買掛金・売掛金

期末時点に買掛・売掛が残った場合、CR換算を行います。

 

為替差益は通常相殺処理を行うが、便宜上行わなくてもok。

 

前受金・前払金

期末時点は換算を行わない。

買掛は期末時点において支払わなければいけない金額を書くが、前払金の場合、既に支払済の為支払い時のレートで換算していればok。

 

 

 

外貨建取引とは・・・売買価額その他取引価額が外国通貨で表示されている取引

具体的には①〜⑤

①取引価額が外国通貨で表示されている物品の売買又は役務の授受

②決済金額が外国通貨で表示されている資金の借入れ又は貸付け

③券面額が外国通貨で表示されている社債の発行

④外国通貨による前払金・仮払金の支払い又は前受金,仮受金の受入れ

⑤決済金額が外国通貨で表示されているデリバティブ取引等

※よく間違えるのが、既に支払いをした取引も決算日のレートで換算してしまう。

 

いつ必要になるか

  • 外国との取引を行う場合
  • 海外支店を含む決算書を作成する場合
  • 連結決算を行う場合

 

どのように行うか

流動,非流動法・・・流動資産はCR換算、非流動資産はHR換算。棚卸資産の未実現損益が発生

貨幣,非貨幣法・・・貨幣資産はCR換算、非貨幣資産はHR換算。時価評価された棚卸資産がHR換算されてしまう

テンポラル法・・・

 

 

ややこしい用語のまとめ

Current Rate (CR)    :決算時の為替相場

Average Rate (AR)   :期中平均相場 (算出方法は?)

Historical Rate (HR):取引発生時の為替相場

 

 

※基本はメインバンクを使用。継続して使用するならTTS,TTBでもok。継続して使用するならある一定のレートでもok。

 

https://ztakani.com/post-7863/3

-簿記1級メモ