筋トレ投資家

筋トレ好きの経理マンのバリュー投資メモ

税理士試験

簿記1級・簿記論・財務諸表論の外貨建取引まとめ

 

 

 

測定→数値を実測すること

換算→測定済みの数値を置き換える

 

従来:固定相場制

現在:変動相場制

 

換算レート法

流動・非流動法

流動項目:CR(Closing Rate)

非流動項目:HR(Historical rate)

 

欠点①同一性質の前払費用・長期前払費用が別レートで換算される

欠点②取得原価で評価されている棚卸資産がCR換算される

 

貨幣・非貨幣法

貨幣項目:CR

→外貨による貨幣性資産・負債はCRが適用されるため、決算時に回収可能額及び弁済額が表示される

非貨幣項目:HR

→非貨幣性項目については、取得時の支払い対価が表示される

 

 

 

利点:現行財務会計上の資産及び負債の計上基準と一致

欠点:その他有価証券が時価評価されている場合でもCR換算される

 

 

テンポラル法

原価項目:HR

時価項目:CR

 

利点:貨幣・非貨幣性項目で時価評価されなかったその他有価証券もCR換算される

 

決算日レート法

全てCR換算

 

 

有価証券の処理

売買目的有価証券→CR換算・有価証券評価損益

満期保有債権→CR・為替差損益

※実質、金銭債権であることが根拠

その他有価証券→CR換算・有価証券評価差額金

※取得価額に係る為替差額は為替差損益に計上することができる(「外貨注解」注10)

子会社・関連会社→HR

 

満期保有目的は取得価額の金額や売買目的有価証券は時価評価するとかの論点は理解していることを前提に。

上記がわからない人は売買目的を見直すべし。

 

為替予約の処理

物品の売買等に係る外貨建金銭債権債務は実務上の煩雑性を勘案し、為替予約相場における円換算額を付すことができる

 

-税理士試験